免疫力を上げたい方へ②ー3つの方法

今日もシャンベリールのブログにお越しくださりありがとうございます(*´∀`*)/♪

2月もあと2日・・

テレビをつければ新型コロナウイルスの感染ニュースばかりですね~・

岡山ではまだ感染者は出ていませんが時間の問題なのか・・と不安な気持ちを抱えつつ、それであれば身体をしっかり整えようと思う妹尾です。

ニュースアプリでも「免疫力を上げる」という記事が心なしか増えているような気がします。

その中でよく言われているのが・・・

腸内の善玉菌を優位にして腸を元気にする

②身体の代謝を上げ、冷やさない

③ストレスを溜めずに自律神経にメリハリをつける。

これらが大切なんだそうです。この免疫力を上げる3つのポイント、シャンベリールですべての準備を整える事が出来ます♪

1.『デーツ&くるみ』と『ヘンプオイル』で腸内環境を整える

デーツとオイル

①腸内の善玉菌を優位にして腸を元気にする→免疫とは、病原菌や有害なものが体内に入ってきた時、攻撃したり排除して体を守ってくれる働きです。この免疫の力を最もよく強めてくれるのが腸の中に住む腸内細菌なのです。

腸が健康で腸内細菌が活発に働いていると、腸の中では病原菌が働きにくい状態となり、病原菌が腸の粘膜に取り付くことも出来なければ、悪さをすることも出来ず、そのまま便と共に体外へ排出されてしまうんだとか・・

全ての病原菌が排出されなくても体内に残った病原菌は、抗体と言う病原菌に対抗する物質が退治してくれます。

健康な腸は、腸壁も厚く丈夫なので、病原菌が粘膜に付いたとしても腸壁を通り抜けることも出来ないんです。

これはもう腸内環境を整えるしかないですよね!?

そんな時には、《デーツ&くるみ》がオススメ☆

食物繊維を多く含み、整腸作用もある為、腸内環境を整えるにはもってこいの一品です♪

合わせて《ヘンプオイル》や発酵食品を摂る事で、腸壁にぬめりをつけて潤いを足してくれるのでWでオススメです☆

2.海水温熱セラピーの熱刺激で冷え取り

②身体の代謝を上げ、冷やさない→身体が冷えた状態では、身体はしっかりと本来の働きを維持することが出来ません・・

それはもちろん免疫力へも影響を及ぼします。

今年は暖冬なので例年に比べ冷えの辛さを感じる事もそれほどありませんが、朝起きた時やお手洗いに行った際、おへその下や腰、太ももを触ったときに冷たさを感じる時には、身体の内側から冷えている可能性大ですよ。

そんな時にはじっくりと全身をくまなく包み込み温める《海水温熱セラピー》の出番です。

冷えの強い部分は熱く感じますが、施術が進むにつれポカポカと身体が温まるのを感じていただけます

お風呂に入るより深部まで熱を届ける事が出来るので、温まりたいけどお風呂に長時間浸かる事が苦手な方にもオススメ☆

3.リンパドレナージュで自律神経を整える

③ストレスを溜めずに自立神経にメリハリをつける→ストレスがかかると血管が収縮し、血流にも支障をきたします。そんな体は強ばって固くなりがちです。またその状態が長く続くことで、自律神経のバランスも狂いやすくなり悪循環に・・

ストレスを感じた時には深呼吸やストレッチ、趣味のある方はそちらを楽しむのも一つの手です♪

そしてストレッチといえば《リンパドレナージュ》です。

しっかりめの圧で筋肉へと働きかけストレッチをさせていくので老廃物の排出を促すだけでなくストレスで強ばった体を緩めてくれる作用も大いにあるんです。

海水温熱セラピーで事前に体をしっかりと温めているため筋肉の伸びも良くなり効果も上がりやすくなりますよ♪

 

シャンベリールで《海水温熱セラピー&リンパドレナージュ》を受けてお家では《デーツ&くるみ》や《ヘンプオイル》をおやつや食事に混ぜて摂るだけ・・あとは栄養バランスの取れた食事と充分な睡眠がプラスされれば免疫力の高い体を手に入れる近道となるでしょう。

さぁ、あなたもシャンベリールで健康の底力をアップさせませんか!?

関連記事

  1. オメガ3ヘンプオイル

    声を大にして伝えたい!ヘンプオイル(オメガ3)ってすごいヤツ…

  2. ホットペッパービューティー口コミ

    ホットペッパービューティ口コミのご紹介

  3. 芽吹きのイメージ

    『ゴースト血管』豆知識の巻

  4. ストレッチとマッサージ効果リンパドレナージュ

    マッサージ効果抜群♪リンパドレナージュと老廃物

  5. チェック

    あなたはいくつ当てはまる??

  6. 実証・・血液さらさらダイエット!

    実証・・血液さらさらダイエット!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA